オナ禁でモテるようになるカラクリ

オナ禁

こんにちわ!

今回は、オナ禁について語っていこうかなと思います。

オナ禁とは、つまり自分でオナニーをしないことである。

男である以上、本能的に子孫を年中繁殖したい生き物なので、自分で射精をしないとなると、どうにかして射精したいともがくものである。

そこでどうするか・・・。

自分でオナニーをしないというルールを作ってしまった以上、女性としたいと思うのが普通である。

そこでまず行うのが、自己改善だ。

仕事を頑張って収入をあげようと努力したり、服装を改善したり、髪型をカッコよくしたり、痩せたりと自分を変えようと努力しようとする。

また自分から出会いを作ろうと積極的にもなるだろう。

このようにどうにかして、女性とセックスしたいとか、射精したいと思うので、結果的にモテるような行動をとるようになるので、オナ禁したらモテるに繋がるのではないかと思う。

今の時代、マッチングアプリを使えば、たくさんの女性と出会える時代である。

タップル、Tinder、ペアーズ、withなど・・・・。

出会いを増やす手段はたくさんある。

お勧めなのは、3〜4つのアプリを登録して、並行してマッチングアプリを行うことである。

また、特に大事なものは、

「写真」

である。

これがマッチングアプリでは命である。

なぜなら、マッチングアプリでは写真でしかその人を判断できないからである。

そこで写真が命なので、ここに最大限の力を入れることをお勧めする。

つまりは100%写真に集中するのだ。

これでもかという盛れる写真を使おう。

写真は業者の人や友人にお願いして撮ってもらうことがいいだろう。

あまり自撮りはお勧めしないかもしれない。

友人とカフェに行った時とかに撮ってもらったり、どこか旅行に行った時に写真を撮ってもらうことをお勧めする。

下記のように写真を業者の人に写真を撮ってもらうこともできるので、よければ利用して欲しいと思う。


タイムチケット↓

タイムチケット | 個人の時間を30分単位で売り買い
タイムチケットは個人のチケットを30分単位で売り買いできるサービスです。ビジネスやマーケティングのコンサルティングから写真撮影の依頼、恋愛や結婚相談まで、...

ココナラ↓

ココナラ - みんなの得意を売り買い スキルマーケット
ココナラは「知識・スキル・経験」など、みんなの得意を気軽に売り買いできるスキルマーケットです。友達に聞かれたり、お願いされるような「あなたの得意」を簡単出品。恋愛の相談から本格占い、キャッチコピー・ロゴ・イラスト作成まで何でも売り買いできます。

このようなサイトで写真を撮ってもらうことができるのでぜひ利用してみて欲しいと思う。

お金を払う価値は十分にある。

そして、あとはプロフィールを詳しく全て入力しよう。

めんどくさいと思うかもしれないが、そこで差がつく。

本当に女性と出会いたかっら、こういうめんどくさい作業をこなさなければいけない。

絶対にやって欲しいと思う。

準備が整った時点で積極的に女性にアピールしていこう。

無料で使えるものは使うべきだし、毎日無料でスワイプできる昨日などもあるので、そういったものが有効活用して欲しい。

ネトナンはコツコツがものをいうので、こういった地道な作業を淡々を行っていくことにつきる。

そうすればいずれ必ず女性と出会え、関係がモテる日がくるでしょう。

そしてそれはあなたに自信を与えてくれて、よりモテる男になろうと努力を行い、魅力的に人になってくるでしょう。

私も大学生の時から、マッチングアプリや出会い系サイトを利用していますが、かなりの数の女性と出会いました。

そこでお付き合いした人もいるし、ワンナイトだった女性もいます。

今の時代、マッチングアプリで結婚する人もいるし、偏見をもたずに利用してみてもいいと思います。

マッチングアプリで女性と出会えるようになると、人生がシンプルに楽しくなりますよ。

特にヤレるアプリ(ワンナイトが多い)は、私の経験では、タップルが1番でしょう。

Tinderも即系のアプリですが、初心者にはハードルが高いような気がします。

Tinderは正直、「顔」でほどんど判別されてしまうので、めっちゃイケメンであれば、いいですけど、そうでなければ厳しいでしょう。

なので、初心者の方であれば、ペアーズやタップル、withがお勧めでしょう。

並行してTinderにもチャレンジしてみてもいいかもしれませんが・・。

全て並行してやっていれば、必ず1人とは出逢えます。

まずはご飯やカフェに誘ってみて、デートしてみるといいでしょう。

0から1にできるように頑張ってみてくださいね。

あなたの人生がより充実するように祈っています。🍀

それではさようなら^^



 

コメント

タイトルとURLをコピーしました