ネットワークビジネスをして友達を失った人はいますか?

借金

こんばんわ!

マサキです。

今回は、私の過去の話である、ネットワークビジネスに手を出した話をしていきたいと思います。

私は、過去に、新卒の会社をやめて、ネットワークビジネスに手を出したことがあります。

その時は、何かワクワクしたことがやってみたい、夢に向かって人生を楽しみたいという、かなり抽象的な考えで

新卒の会社を無防備に飛び出し、実家に帰り、ギャルルというマッチングアプリで出会った男性とカフェで話しをし入会しました。

当時の自分は本当に無知で、ろくに社会のこともわからず、その出会った男性はスーツを来て、仕事ができる感じの男性で、自分より年下でした。

本業は、看護師をやりながら、副業でネットワークビジネスをやっているとかです・・・・。

私は彼の仕事ができそうな感じと、高そうな車に乗っており、自分もこの人みたいになりたいという思いで、彼についていきました。

完全に、中身のない理由ですね・・・。

そして当時は、実家に帰り、レンタカーのアルバイトをしながら、副業としてネットワークビジネスを始めました。

全くの無知で仕組みも理解しておらず、なんか楽しそうっていう気持ちで行動していました。

そして、ネットワークビジネスが良い印象を持っていないということも知らずに行い、当時は精神的にも不安定なまま、参加しました。(借金があったのが大きい)

そして、地元の友達にも連絡して、

「こんなんやっているんだけど、一緒にやらない?」

と電話をしていました。

当時は頭がぶっ飛んでいましたねwww

そして、後々、ネットワークビジネスというものは、ネズミ講だと知り、後ろめたさを持つようになりました。

父親や家族にも反対されていましたが、自分がそれを押しのけてやっていました。

当時は会社を辞めて心配してくれていた友達にも紹介して、それから疎遠になったり、仲よかった友達ともあまり連絡を取らなくなりました。

当時は30万円くらい借金をしていたのですが、これを機に、また消費者金融で30万円くらい借ります。

完全にお金の感覚が狂っていました。

ATMの中に入っているお金が自分の物みたいになる感覚ですね。

どのようにお金が回っているのかもわからず、本当になんとなくやって、なんとなく行動して、何も得られないまま終わりました。

ついでに友達とも気まずくなりました。

お金を失い、友達の信用も失うというめちゃくちゃ大失態を冒しましたね。

そこで得た教訓は、よくわからないことにお金を払わないこと、なんとなくで物事を選ばないことです。

あとは、消費者金融でお金を借りるとかは言語道断なことです。

また当時はやってから考えるという思考で動いていたけど、慎重に考えてから行動することの方が大事だということを学びました。

これは人によって変わるかもしれませんが、慎重に物事を選んで行動した方が失敗は少ないです。

失敗した方が人は成長するとか言うけど、なるべく失敗せずに成功した方が良いです。

色々経験して、お金の大事さがわかりましたね。

当時は1円の大事さもわからず、お金の感覚も狂っていました。

原因は一度借金をしたことかなと思います。

一度借金をすると、アリ地獄みたいに借金が膨らみました。

今は人生のどん底を経験して、少しずつ人生を立て直そうとしている状況です。

仕事で地方に飛ばされ、お金も友達もいないので、一人で読書やお金のかからない趣味をしていることが多いです。

そこで最近、読んだ本は、この二つがおすすめです

ブチ抜く力 | 与沢翼 |本 | 通販 | Amazon
Amazonで与沢翼のブチ抜く力。アマゾンならポイント還元本が多数。与沢翼作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。またブチ抜く力もアマゾン配送商品なら通常配送無料。
お金の真理 (単行本) | 与沢 翼 |本 | 通販 | Amazon
Amazonで与沢 翼のお金の真理 (単行本)。アマゾンならポイント還元本が多数。与沢 翼作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。またお金の真理 (単行本)もアマゾン配送商品なら通常配送無料。

与沢翼さんの本なのですが、学べることがありすぎます。

お金持ちで、色々な経験をした人の言葉は深いな〜と思いました。

私は数百万借金をしている程度ですが、彼は扱っているお金の量が違うな〜ってしみじみ思います。

あ・・・また自分は債務整理をしたのですが、正直あまりお勧めしません。

ブラックリストに完済してから5年くらい載るので、デメリットも相当でかいですよ・・・!

そこも慎重に考えましょう!

一気に稼いで、1日も早くお金を返した方が良いかもしれないですね!

今回は、自分の黒歴史を公開しつつ、自分みたいに人生で失敗しないようにシェアしたいと思いました!

それでは、最後まで読んでいただきありがとうございました!

さようなら!

コメント

タイトルとURLをコピーしました