サラリーマンは真面目に仕事するほど損をすると思う。

お金

おはようございます!

まさきです。

今回は「仕事」について話していきたいと思います。

私の経験上、仕事(サラリーマン)は真面目にするほど損する仕組みだなって最近思っています。

私は工場の仕事をしているのですが、真面目に一生懸命するほど損をするなと思います。

結局は上の人は数字しか見ていないということがわかったので、そのノルマをクリアしていたら何も言われません。←ここ重要。

まぁ、私は電子部品の箱詰め作業をしているのですが、1日のノルマが定時まで1400個という数字を与えられ、その数字をクリアしてさえいれば何も言われません。

つまりは、過程より結果を求められるということがわかったのです。

だから、適当に数字だけクリアしていれば何も言われません。

どの仕事もそうなのかもしれませんが、結局評価される基準って『結果』なんですよね。

なんか真面目に仕事することがアホらしくなってきたんですよね〜・・・。

真面目に適当に仕事をすることがいいのかなって思いました。←どういうこと?

みなさんの仕事はどうですか?

今、過去を振り返ってみても、真面目に一生懸命仕事をするほど損をしてきたし、馬鹿を見てきたなって思うんですよ。

サラリーマンの仕事は大事なポイントだけ抑えておけば、大丈夫です。

例えば、

・無断欠席をしない。とか

・明らかにノルマに対して成績が低い。

とか、最低限の大事なポイントだけを抑えとけば大丈夫です。

こういう大事なポイントさえ抑えとけば、あとは適当に仕事しても何も言われないと思います。

約一年弱工場で仕事をしてきてやっと気づいた気づきでした。

真面目に仕事をするということはとても効率が悪いんですよね・・・。

なぜなら仕事というものは結果が全てだから。。←2回目

結果しか勝たんのですよ。。。

過程は二の次です。

なので、仕事も目的を持ってすることをお勧めします。

定期的に自分の仕事と向き合ってみることもお勧めしますね。

自分の場合は、身体を動かしアウトプットすることと、単純に人との関わりがある程度必要だからという理由と、お金のためです。

このお金の為という目的は自分の中で大きいですね。

ボランティアではなく、自分の時間とお金との交換なので、このお金という手段は僕にとって重要です。

みなさんも一度立ち止まってもいいので、考えてみてくださいね!

それでは、さようなら!

コメント

タイトルとURLをコピーしました