ホリエモンの稼ぐが勝ちレビュー

こんにちは。

まさきです。

今回は、ホリエモンの著者の「稼ぐが勝ち」という本のレビューをしていきたいと思います。

その名の通り稼ぐが勝ちといテーマなんですが、やっぱり稼ぐと自由度が増すっていうお話をしていましね。

ごだごだ言わす、シンプルに稼いでみろ。と。

人はなにかしら行動をする時に言い訳を言ってしまうものですが、それを抜きにしてとりえあず行動しろ。

やってみろということでした。

やはり、最後は根性論になるみたいですね。

どんなに成功している人でも、努力があってから成功するわけで、最後はシンプルに根性になるみたいです。

シンプルですね。

やるか、やらないか。

これだけみたいです。

また就職論についても否定的な意見を述べており、彼は大学時代に既にインターネットに関わるバイトをしていたみたいで、既にサラリーマンの月収以上を稼いでいたみたいです。

そこで、就職したら給料低くなるしなー。

ってな感じで就職せずに、最後は起業しましたね。

要するに、肩書きは抜きにして、

最後は稼いでいる人が勝ち。

シンプルでいいですねー。

まぁ、勝ち負けはないにしろ、シンプルにお金があれば選択しが増えますよね。

とてもシンプルで府に落ちる内容が多かったです。

とても良本なので、おすすめします。

それでは、さようなら。

コメント

タイトルとURLをコピーしました