オナ禁すれば、東大合格も夢じゃない?

おはようございます

今回はオナ禁と学習能力の関係性についてお話ししていきたいと思います。

結論からお話しします。

「オナ禁すると学習能力は向上します。」

この記事を読めば、オナ禁と、学習能が向上するのか、理解できるでしょう。

それではなぜ、オナ禁すれば学習能力が向上するのかをお伝えしていきます。

まず、オナ禁というのは、射精したいという本能を我慢する行為です。

”〜をしたい”けれども”やらない”

このような行動をしていきますと、前頭葉という脳の部位を鍛えることができます。

そうすることによって、物事の判断能力の向上、仕事の効率化、などが向上します。

仕事ができる人はこの前頭葉の部分が活性化している可能性が高いです。

またこの部分は”めんどくさいこと”をしても鍛えることができます。

効率よくこの部分を鍛える方法がオナ禁です。

オナ禁を継続的に習慣化することをお勧めします。

またオナ禁することによって、精子が体内に吸収されるのですが、精子とは”タンパク質”なんですよね。

脳もタンパク質でできているので、脳自体にも吸収されて、頭が良くなっていくのではないかと考えられます。

これは私の考えなので参考にしていただければ幸いです。

この結論から私が読者の皆様にお伝えしたいことが、まずは短期オナ禁です。

一週間我慢することから始めてみてください。

そして、それがクリアできたら自分にご褒美をプレゼントしましょう。

そうすることによって、達成の可能性も上がます。

businessmen running with hanging carrot in motivation concept

それがクリア出来たら、2週間、1ヶ月と期間を伸ばしてチャレンジしてみましょう。

ポイントは達成できたら”自分にご褒美を用意する”ということです。

是非チャレンジしてみてくださいね。

それでは最後まで、ご覧いただきありがとうございました。

さようなら。

コメント

タイトルとURLをコピーしました